「邦画は行」カテゴリーアーカイブ

ビターコーヒーライフ

file

解説:福島県白河市。警視庁捜査一課の刑事だった森川哲朗(入川保則)は、いまでは喫茶店「ビターコーヒーライフ」のマスターとして働いている。彼は20年前に逮捕した殺人犯の娘・明日香(山本ひかる)を引き取り、養女として育ててきた。しかし、末期ガンに侵され余命わずかであることを悟った森川は、出所後に行方が知れないままの明日香の父親を探すため奔走する。。。。。

続きを読む ビターコーヒーライフ

honey

file

解説:“俺と、結婚を前提に付き合ってください!”ヘタレでビビりの女子高生、小暮奈緒(平祐奈)はある日、突然の告白を受ける。その相手とは、鋭い目つきと真っ赤な髪で、あらゆる人を恐れさせる“鬼S不良男子”鬼瀬大雅(平野紫耀)だった。断りたい奈緒だったが、その怖さにビビって“…ヨロシクオネガイシマス…。”と受けてしまう。。。。。

続きを読む honey

羊の木 動画

file

解説:さびれた港町の魚深市。市役所職員・月末一(錦戸亮)は、移住してきた6名の男女を受け入れるよう命じられる。しかし6人は言動に落ち着きがなく尋常ではない様子で、彼らの周囲には不審な同行者がいた。実はこれは受刑者を仮出所させ過疎化が進む町で受け入れる国家の極秘プロジェクトだった。6人の経歴は伏されたままだったが、月末は彼ら全員に殺人歴があることを知る。。。。。

続きを読む 羊の木 動画

富美子の足 動画

file

解説:デリヘルで見つけた富美子を愛人にし、彼女の美しい足を偏愛する富豪の塚越老人。フィギュア作家である甥の野田に富美子の足の等身大フィギュアを作らせるが、満足できず、富美子の足を理解するために舐めるよう命令する。。。。。

続きを読む 富美子の足 動画

BLEACH 動画

file

解説:週刊少年ジャンプで連載され、TVアニメにもなった久保帯人による人気コミックを、福士蒼汰主演で実写映画化したバトル・アクション。霊が見えること以外は普通の高校生・黒崎一護(福士蒼汰)は、ある日突然現れた死神・朽木ルキア(杉咲花)から死神の力を与えられ、家族や仲間たちのために虚(ホロウ)と呼ばれる悪霊たちと戦うことになる。。。。。

続きを読む BLEACH 動画

ふきげんな過去

file

解説:大都会と下町が隣接する北品川。いかにも不機嫌そうな果子(二階堂ふみ)が運河を睨んでいる。毎日が死ぬほど退屈でつまらない女子高生の果子。だがそこから抜けだして他に行くこともできず無為に日々を過ごしていた。そんな夏の日の午後、果子たち家族の前に18年前に死んだはずの伯母・未来子(小泉今日子)が「あたし生きてたの」と突然戻って来る。古びた食堂、エジプト風豆料理屋『蓮月庵』を営む果子の祖母サチ(梅沢昌代)と母サトエ(兵藤公美)、そしてなにもしない父タイチ(板尾創路)は、未来子との奇跡の再会に慌てふためき涙する。。。。。

続きを読む ふきげんな過去

ホーンテッド・キャンパス

file

解説:怖がりなのに幽霊が視えてしまう八神森司(中山優馬)は高校時代、不吉な影に狙われている後輩の灘こよみ(島崎遥香)に出会い恋をするが、臆病な性格から告白もできずに卒業してしまう……。一浪の末、大学へ入学した森司は片想いのこよみと再会。胸をときめかせる森司であったが、こよみは幼馴染みの知り合いがいるオカルト研究会に入るのだという。。。。。

続きを読む ホーンテッド・キャンパス

バースデーカード

file

解説:幼いころ、紀子は泣き虫で引っ込み思案だったが、そんな彼女をいつも励ましてくれたのは母・芳恵(宮崎あおい)だった。いつも家族をあたたかく見守る芳恵は病魔におかされ、死期が迫っていた。紀子の10歳の誕生日、芳恵は紀子と紀子の弟・正男が20歳になるまで毎年手紙を送ると約束する。そしてついに芳恵は天国へ。翌年、紀子の11歳の誕生日、本当に芳恵から手紙が届く。以来、毎年届けられる母からの手紙は、紀子にたくさんの出会いと大切なものを贈っていった。。。。。

続きを読む バースデーカード

HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION

file

解説:若者たちの前に姿を現した暗黒組織・九龍グループ。史上最大の敵を前に、壊滅的な被害を受け、窮地に追い込まれるSWORD地区。だが、この絶体絶命の危機を前に、SWORD、琥珀&九十九、そして雨宮兄弟が集結する。最後の望みを賭けて立ち上がる男たち。ついに睨み合っていた世界が1つになり、九龍グループとの最期の闘いへ。果たして九龍を倒すことはできるのか!? そして、最後に待ち受ける結末とは。。。。。

続きを読む HiGH&LOW THE MOVIE 3 FINAL MISSION

ひだまりが聴こえる

file

解説:中学時代に難聴を患った杉原航平(多和田秀弥)は、誤解を受け周囲とうまくなじめず、大学生になった今も人と距離を置いていた。そんなある日、思ったことを何でも口にする明るい同級生・佐川太一(小野寺晃良)と大学の裏庭で知り合う。次第に二人の距離は近づいていき、陰口や嫌がらせを受け卑屈になる航平は聴こえないのは航平のせいではないという太一の言葉に救われる。。。。。

続きを読む ひだまりが聴こえる