「チウ・マンチェク」タグアーカイブ

ゴッド・オブ・ウォー

file

解説:1557年、明王朝。当時、中国沿岸部は周辺諸国を荒らし回る日本の海賊“倭寇”の脅威に晒されていた。明軍は将軍・兪大猷(サモ・ハン・キンポー)指揮の下、戦闘を繰り広げるが、地の利を生かした難攻不落の砦を前に、苦戦を強いられる。身分を隠して倭寇を指揮するのは、藩への武器購入の足掛かりとして、明の財と土地を狙う松浦藩の武士。だが当初、倭寇有利だった戦いは、戚継光(チウ・マンチェク)の登場によって一変。武勇に優れ、信頼も厚い戚継光が加わったことで、明軍は不利だった戦況を巻き返したかと思われたが。。。。。

続きを読む ゴッド・オブ・ウォー

白髪妖魔伝 動画

file

解説:明朝の末期、国内は混乱を極めていた。武当山で修業中の武術家・卓一航は病に伏した皇帝の為の薬を届ける命を受け、都に向かっていた。その旅の途中、美しい女盗賊・練霓裳と知り合う。彼女のピンチを救ったことから、やがてふたりは愛しあうようになる。その後 一航が皇帝に届けた薬が宦官の魏忠賢によってすり替えられ、皇帝が亡くなったことにより、殺害容疑の罪が武当山に課せられてしまう。。。。。

続きを読む 白髪妖魔伝 動画