「ライリー・キーオ」タグアーカイブ

ホールド・ザ・ダーク そこにある闇

file

解説:アラスカ州。一人の男の子が突如として行方不明になった。父親のヴァーノンは中東で軍役に就いていたため、母親のメドラが一人で事態の対処に当たることになったが、極度のストレスが原因で体調を崩してしまった。近所に暮らす子供3人が狼に襲われて命を落としていたこともあって、メドラは息子が狼にさらわれたと確信し、作家のラッセル・コアに助力を仰いだ。ラッセルは狼の行動に熟知していることでも知られていた。依頼を引き受けたラッセルはアラスカへと急行したが、そこで彼を待ち受けていたものは狼以上に恐ろしいものであった。。。。。

続きを読む ホールド・ザ・ダーク そこにある闇

ローガン・ラッキー

file

解説:足が不自由で仕事を失い、家族にも逃げられ失意の人生を送る炭鉱夫ジミー・ローガン(チャニング・テイタム)。一発逆転を目論む彼は、シャーロット・モーター・スピードウェイでまもなく開催される全米最大のモーターカーイベントNASCARのレース中に金庫から大金を盗み出すという前代未聞の強奪計画を企んでいた。戦争で片腕を失った元軍人で冴えないバーテンダーの弟クライド(アダム・ドライヴァー)、そして美容師でカーマニアの妹メリー(ライリー・キーオ)を仲間に加えたジミーだったが、ツキに見放されてきたローガン一家だけでは頼りがない。。。。。

続きを読む ローガン・ラッキー

ザ・ディスカバリー

file

解説:科学者トーマス・ハーバーは、“死後の世界”の存在を証明したと世間に公表するが、それは皮肉にも世界の自殺予備軍の背中を後押しする形となる。大量の自殺者を出した一連の騒動の半年後、トーマスはテレビ・クルーを自宅に呼びインタビューに応じていた。“死後世界の証明”は厳密には「死後に肉体から離れる脳の波長を補足した」までのものであり、「脳波がどこに行き着くか」までは解明出来ていないものだった。にもかかわらず死後世界発見を発表し100万人もの自殺者を出したトーマスに対しインタビュアーは責任を問う。。。。。

続きを読む ザ・ディスカバリー