「余貴美子」タグアーカイブ

後妻業の女 動画

file

解説:結婚相談所主催のパーティーで可愛らしく自己紹介する武内小夜子(大竹しのぶ)の魅力に、男たちはイチコロになっている。その一人、耕造(津川雅彦)と小夜子は惹かれ合い、結婚する。二人は幸せな結婚生活を送るはずだったが、2年後、耕造が亡くなる。葬式の場で、小夜子は耕造の娘・朋美(尾野真千子)と尚子(長谷川京子)に遺言公正証書を突き付け、小夜子が全財産を相続する事実を言い渡す。。。。。

続きを読む 後妻業の女 動画

夢二 動画

file

解説:恋人の彦乃と駆け落ちするため夢二は金沢の湖畔へやってくるが、そこに彦乃は現れず、さらには静かで小さな村に突然の銃声が鳴り響く。妻を寝取られた男・鬼松が、妻と妻を寝取った男を殺して山に逃げ込んだようなのだが。。。。。

続きを読む 夢二 動画

夜がまた来る 動画

file

解説:おとり捜査のため池島組に潜入していた麻薬Gメン、土屋満の死体が横浜港に浮かんだ。殉職どころか、汚職の嫌疑をかけられ犬死にした夫の無実を信じるのは妻の名美だけ。しかも彼女は満の葬式の日、池島組の組員たちにレイプされる。名美は絶望のあまり自殺を図るが一命を取りとめ、そして夫殺しの犯人は池島組会長である池島政信であると睨み、池島の命を狙おうとする。。。。。

続きを読む 夜がまた来る 動画

ドラッグストア・ガール 動画

file

解説:彼氏の浮気現場を目撃してしまった、薬科大の3年生の恵子。大泣きしながら飛び乗った電車で、見知らぬ郊外の町“摩狭尾”(まさお)に辿り着いた彼女は、成り行きから巨大なドラッグストア”ハッスルドラッグ“でアルバイトすることになった。そんな恵子に一目惚れした、寂れた“バンブーロード商店街”の店主ら(薬局の鍋島、パン屋の沼田、酒屋の山田、一心寺の僧侶・済念、ホームレスのジェロニモ)は、彼女と親しくなりたい。。。。。

続きを読む ドラッグストア・ガール 動画

あ、春 動画

file

解説:一流大学を出て証券会社に入社、良家のお嬢様・瑞穂(斉藤由貴)と逆玉結婚して可愛いひとり息子にも恵まれた韮崎紘(佐藤浩市)は、ずっと自分は幼い時に父親と死に別れたという母親の言葉を信じて生きてきた。ところがある日、彼の前に父親だと名乗る男が現れたのである。ほとんど浮浪者としか見えないその男・笹一(山崎努)を、にわかには父親だと信じられない紘。だが、笹一が喋る内容は、何かと紘の記憶と符合する。。。。。

続きを読む あ、春 動画

お受験 OJUKEN 動画

file

解説:ひとり娘の真結美の私立小学校へのお受験を控えた富樫家。主人の富樫真澄は健美食品の陸上部に所属する実業団マラソンランナー。妻の利恵は、真結美のお受験に燃える専業主婦だ。ある日、真澄は役員待遇で子会社への出向を命じられるが、そのとたん本社の債務を押しつけられて倒産。真澄は職を失ってしまう。だが、真澄にとっては、実業団ランナーとして湘南マラソンに出場できなくなることが重大だった。。。。。

続きを読む お受験 OJUKEN 動画

ヌードの夜 動画

file

解説:広瀬(小林宏史)にプロポーズされた名美(余貴美子)は、ホストクラブの支配人行方(根津甚八)との腐れ縁を立ち切るためにある計画を思いついた。まず、身元を偽って、“代行屋”紅次郎(竹中直人)を訪ね、都内の高級ホテルに帰った後、計画を実行に移すべく、行方を部屋に招き入れ、殺害するつもりだった。しかし、隠していたナイフを行方に見つけられてしまい、さんざん殴られ、犯されることになってしまった。。。。。

続きを読む ヌードの夜 動画

愛の流刑地 動画

file

解説:日本経済新聞で連載され、社会現象まで巻き起こした渡辺淳一原作の同名ベストセラー小説を、豊川悦司&寺島しのぶ共演で映画化。かつての人気恋愛小説家・村尾菊治は、ある朝、情事の果てに相手の女性・入江冬香を絞殺し逮捕される。事件を担当する女性検事は、「愛しているから殺した」という菊治の言葉に困惑しながらも2人の過去を探っていく。。。。。

続きを読む 愛の流刑地 動画

おぎゃあ。 動画

file

解説:19歳の花(岡本綾)は、育ての親の祖母から今際の際に「骨を故郷・浜比嘉に返して欲しい」と、そして母親がそこで生きていることを告げられる。母・幸子(余貴美子)は花が幼い頃に、男を作って逃げたのだ。そんな花の体には新しい命が芽生えるが、誰にも相談できず不安が募るばかり。ある日、恋人のハヤトから浜比嘉にいると手紙がくる。祖母の願いを叶えるため浜比嘉に向かう花は、ひとまず母の家に滞在する。。。。。

続きを読む おぎゃあ。 動画

八日目の蝉 動画

file

解説:直木賞作家・角田光代の原作小説を、井上真央、永作博美の主演で映画化したヒューマンサスペンス。監督は「孤高のメス」の成島出。1985年、自らが母親になれない絶望から、希和子(永作)は不倫相手の子を誘拐してわが子として育てる。4歳になり初めて実の両親の元に戻った恵理菜(井上)は、育ての母が誘拐犯であったと知り、心を閉ざしたまま成長する。やがて21歳になった恵理菜は妊娠するが、その相手もまた家庭を持つ男だった。。。。。

続きを読む 八日目の蝉 動画